アンリサンクで石原さとみさん風メイクに挑戦!

流行りに左右されない好感度美人。

石原さとみさんと言えば、前回の記事でもお伝えしたように、10代の頃と比べると別人のように垢抜け、今や老若男女問わず超超超好感度美人の方。

私がメイクレッスンする時も、なりたい雰囲気として名前を挙げられるNO.1です。

そこで、そんな石原さとみさんの雰囲気に近づけるメイク術をちら見せ!!

なりたい顔、好感度NO.1の彼女ですが、実は比較的マネしやすいお顔でもあるのです。

あ、「雰囲気」としてです。決してモノマネメイクではありませんので、悪しからず!

石原さとみさんの顔を分析

なぜマネしやすいのかというと、彼女が「日本人的美人」だからです。

例えば、ものすごく彫が深いわけではなく、二重幅がものすごく広いわけでもない、骨格もアジア人的。

いわゆる、ハーフ顔ではなく正統派の日本人美人なのです。

では、なぜ彼女が「美人」なのか。

全部上げるとすごく細か―――――くなってしまうので少しだけ。

①骨格バランス

縦の比率、横の比率が黄金比!・・・ほんの若干縦、横ラインとも真ん中部分が広いかな?というくらいです。

②スーッと通った鼻筋・・・日本人的なお顔の石原さんですが、鼻筋が高くてキレイ!横顔が美しいのもこの通った鼻筋とシャープなフェイスラインがあるから。

③肌のツヤ・・・「形」ではないのですが、肌が美しいのも美人度を底上げする重要なポイント!

④ぽってり唇・・・石原さとみさんといえばあの唇!とても魅力的です♡

そして、なによりも「表情」!もしかしてこれは何よりも勝るものなのかもしれません。

 

アンリサンクを使って石原さとみさん風メイク!

BeautyBARではプロ専売品のコスメブランド「HENRI V(アンリサンク)」を取り扱っています 🙂

プロ用なので発色も抜群。

そしてアジア人女性の肌や瞳の色に合わせて作っているので、自然に馴染んでくれます!

これはプチプラコスメや、一般的に販売されているコスメにはなかなか表現できないものなのです!

 

 

ベースメイク

MelinaNaumann / Pixabay

何と言っても、つやつや美肌の持ち主!(石原さんが玄米を食べていると聞き、次の日買いに行きました)

そしてみずみずしい透明感のあるベースメイク。

まずはスキンケアの段階でたっぷり保湿をして、もちもち肌を作ってからスタート!

しっかり保湿された肌は、内側から自然な艶を出します。

そして使うのはリキッドファンデーション!

パウダリータイプは使いやすく便利なのですが、粉がベースなため、マットな質感になり易かったり、乾燥しやすかったりします。

リキッドファンデーションは名前の通り液状なので水分がベースのファンデーションなので、乾燥しづらくカバー力もあります。

今回使うのは

アンリサンク リキッドファンデーションH

美容成分がたっぷりで、薄付きでもしっかりカバーしてくれます!

ファンデーションは必要な場所に少量でOK。額中央、目の下(頬の高い所)、あご先、この部分に少量でいいんです!

ポイントはただ乗せるのではしっかりと叩き込む事!そうする事でピッタリと自分の肌の様に密着します。

コンシーラーをあまり多用するのはメイク崩れの原因になるのであまりお勧めしませんが、

クマがどうしても気になってカバーしたい場合は、やや暗めのコンシーラーを薄く使用します。

明るい色はクマを透けさせ余計に目立つ場合があるので要注意!!

ちなみに私の裏ワザは・・・

オレンジリップと混ぜる事!!

ただしオレンジなら何でもいいわけではありません。「ある程度の発色」と「ある程度の透け感」が肝!

アンリサンクのオレンジは程よい透け感と色味がクマカバーに絶妙に合うんです。

これを暗めのコンシーラーとまぜるか、手ごわいクマの方は、まずこのオレンジリップを少量クマ部分に馴染ませてからコンシーラーを薄ーく重ねていきます。

そして、スーッと通った鼻筋を再現するために、明るめのコンシーラーを額の中央~鼻筋にのせてぼかします。

すぐにファンデーションがよれてメイク崩れをしてしまう、というお悩みも良く聞くのですが、ここでしっかりとフェイスパウダーをはたきましょう。

ファンデーションという液体のペタペタ感をここでオフするのです。

フェイスパウダーはほんのりツヤのあるタイプがおススメです。

左・アンリサンク フェイスパウダーH01(パールタイプ使用)

右・アンリサンク フェイスパウダーパフ

このフェイスパウダーは一粒一粒が花びらのような形をしていて(肉眼では見えませんが)、光を拡散するので毛穴や肌の凹凸を目立たなく滑らかに仕上げてくれます!

余分な皮脂は吸収しつつ保湿もしてくれるのでパウダーを使ってパサパサになった経験のある方でも安心!ギラギラしない程よいパール感も使いやすくて優秀!

フェイスブラシでも良いのですが、私はこの大きくて肌触りの良いパフで叩き込んで仕上げるのがおススメです♡

 

これがプロの技。骨格修正

石原さんのシュッとシャープなフェイスライン。スーッと通った鼻筋。

また、日本人の理想の顔の形「逆卵型」に近づけ、立体感(奥行き)のある顔に仕上げるための一仕事。

それが骨格修正=シェーディングです。

アンリサンク コントロールカラーH

右側の1番上とその下のカラーを使用。

一般的なシェーディングよりも「影」を入れるように自然に馴染みます!

自然な立体感を出すために、眉頭下からノーズにかけてふんわりと。

フェイスラインもシャープなラインを意識して入れていくのですが、髭の様にならないように注意!鼻先に向かってぼかしていきます。

※紫部分

コメカミと頬骨下に濃く入るとやつれたような印象になってしまうのでNG!

プレチークでふんわり優しい血色を!

angeljana_ / Pixabay

プレチークとは、その名の通り「チークを入れる前のチーク」で「ニュアンスカラー」とも言います。

ここまではファンデーションやコンシーラーで血色を消す作業をやってきました。

なので、ここで血色を入れるとともに、本番のチークを入れる前に最終的仕上がりをイメージするように入れていきます。チークの土台ですね。

使うのは先程のパレット左側の上から2番目のオフホワイトとその下のピンク。

二つの色を混ぜ、黒目下の頬の高い所に丸くふんわりと入れます。小鼻よりも下に入れると頬が下がって見えるので注意。

※ピンクの丸部分

ここで終わりではなく、もうひと作業!

ブラシにほんのわずか残ったパウダーをフェイスラインに馴染ませると、もともとあったかのような自然な血色をプラスすることができます。

※写真のジグザグ部分

このちょっとした手間で表情がぱっと明るく若々しい雰囲気になれるんです♪

特に普段顔色が悪く血色の出づらい方にはオススメのテクニック!

チークブラシは、チークを買うと付いてくるような付属品や小さいものはムラになりやすいのであまりお勧めしません。毛質が柔らかく少し大きめがキレイに仕上がるコツ!

アンリサンク チークブラシ

 

ベースメイクの仕上げはツヤ出し+ハイライト

ベースメイクの仕上げに、石原さんのツヤッとしたツヤ感と更に立体感を出すためのハイライトを。

今回は新発売の

アンリサンク ハイライターH

このハイライターがまた超優秀!!!!

発売されたばかりなので、今度ゆっくりご紹介いたします 🙂

透明感の出るパープルと華やかなツヤが出るオークルベールを使用します。額の中央から鼻の付け根、目の下、リップピーク、あご先と高く見せたいところに乗せます。

丸みのあるナチュラルアイメイク

kaboompics / Pixabay

特に上のラインに丸みを感じます。上まぶた目尻を下げるように影を入れます。

これはアイラインではなく、あくまでも「影」(⇒目元の形をもともとそういう形であったかのように見せるテクニック)なのでしっかりとぼかして自然に馴染ませること。

使用するのは柔らかくぼかすと肌に馴染むものがおススメです。ブラウンの色味も大事!

アンリサンク アイ&リップペンシル (ブラウン使用)

アイラインやリップペンシルにも使えるリピーターさんの多い大人気商品!

色味もぼかし具合も絶妙です。

アイシャドウは肌なじみが良く、明るく見える色をチョイス。

黒目の上が一番濃くなるように黒目⇒目尻、黒目⇒目頭とアイホールまで重ねてグラデーションにします。アイシャドウはグラデーションが命!メリハリのないアイシャドウは目元を腫れぼったく小さく見せてしまいます。

涙袋をぷっくりさせるようにパールの入ったシャドウを足します。ラメは古臭いイメージになるので禁止!上品なパール入りが◎。

ここにパールをのせることで瞳にきらきらと光が反射し、輝きを演出します。

まつ毛もしっかりカールでより丸い目元に!マスカラはナチュラルに塗りましょう。

隠し技のアイライン!

基本的にあまり強くアイラインは入れていないようですが、丸みのある目を強調するために使用します。

石原さんは深い黒目の持ち主。まつ毛とまつ毛の間、さらにインラインに先程のペンシルのブラックを入れる事で、瞳の輝きが変わります!!カラコンがいらないくらい目力が出る!

目尻のみブラウンのリキッドアイライナーでやや下げ気味に入れます。

 

 

※涙袋もこっそり描いてます。自然でしょ?

これが垢ぬけ抜け感眉!

前回の記事でお伝えしたように、石原さんが一番変わったのは眉!

少し前の太眉ブームの時から細めの眉にしていました。

石原さんの眉は、あまり角度を付けない丸みのある平行(ほんのちょっとアーチ)形眉。

目と眉の間が空いていて頑張りすぎていない雰囲気に抜け感を感じます。

眉間もやや離れていて、優しい印象に。

黒目の外側が眉山になるのでそこからなだらかに眉尻に向かいましょう。眉山に「角」がつくと一気に強い眉になるので気を付けて!

眉ペンシルは芯の細いものを選ぶと毛の一本一本を書き足せます 😀

アンリサンク アイブロウペンシルH (ブラウン使用)

一度使うとやめられないペンシル!硬さと日本人に合わせた色味が本当に絶妙ー!!!

ペンシルで形を作ったら、パウダーで毛の中に色味を入れ込み、より自然にぼかしこみます。

髪の毛より少し明るめの色が合いやすいですよ。石原さんの場合はやや明るめですね。

眉にパウダーを乗せる時に気を付けたいのが、眉尻ばぼや~っとしすぎてしまうこと。

一般的に販売されているアイブロウパウダーに付いているブラシだと、短く柔らかいものが多いので難しいです。

アンリサンク エッジブラシ(大)

こんなコシのあるブラシが一本あると、目元のキワや眉尻もぼやけないのでお勧めです!

短いと力加減が難しいんです。。

また、もともとの眉の色が濃くて浮いてしまう方は、眉マスカラで簡単にチェンジできます☆

毛の流れに逆らうように、地肌につかないように気を付けて塗っていきます。

ベタッとつかないように、ブラシをボトルのふちでしごくか、ティッシュオフしてから使用しましょう。

眉尻~眉頭を毛流れに逆らって塗ったら、眉頭~眉尻に向かって毛流れを整えます。こうすることで根元から奇麗に塗れます!

アンリサンク アイブロウマスカラH

発色が良いので一発で垢ぬけ眉ができあがります!

やっぱり魅力的なぽってりリップメイク♡

xusenru / Pixabay

石原さとみさんと言えば、唇!

丸みのあるぽってりリップです。

元々形が似ている方はいいのですが、薄い方は予めリップペンシルで形を取りましょう。ただしあまりはっきりしないラインの方がより石原さんっぽいので、ペンシルで形どったら線の内側を綿棒でぼかします。

上唇は口角~リップピークにかけて曲線的に。リップピークは殆ど角度がないので角度の付いている方は埋めましょう。

下唇もまぁるく曲線的に。

口紅の色は、あまり濃くなく肌なじみの良いピンクが石原さんぽいですね!

口紅の上にグロスを重ねるのではなく、手の甲で口紅と透明グロスを混ぜると自然な艶のリップになります。テカテカ感も抑えられ、強調しすぎない色味に。

リップブラシを使うと失敗がないです。

アンリサンク リップブラシ

コシのあるタイプがおススメ!

仕上げにチークを足して出来上がり!

 

プロ専用のコスメで周りと差を付けられる!

アンリサンクは、私たちアジア人女性の肌色や肌質、髪や瞳の色を考え抜いて作られた商品です。

だからこそ一般商品には難しい繊細な仕上がりになるんです。

ただ流行りの「色を乗せる」のではなく、影や光を操り、崩れにくく、しっかりとした発色で自分自身を格上げしてくれる他にはない優れたコスメブランドです 🙂

自らが変化したような仕上がりになるので、必ず周りと差を付けられます。

 

仕上げに表情を忘れずに!!!!

さて、先日放送された石原さとみさんが主演のスペシャルドラマを見て思いました。

「こんなに顔動かせてないな・・・」と。

私はどちらかと言うと、よくしゃべったり、笑ったりする方ですが、それでも全然足りないくらい表情筋が動いていない!!! 😯

お顔の筋肉も鍛えなければ・・・。自信をもって笑顔でいられるように日々意識したいと思います。

今日ご紹介したメイクと笑顔で石原さんのようなきらきらとした女性になりたいですね 😳

BeautyBARにご来店頂ければ、この記事でお伝えできなかった部分ももっと詳しく徹底的にレッスン致します♡

もちろん、石原さとみさんのほか、あの女優さん、あのモデルさん風のメイクをしてみたい!というご要望もお待ちしております!

更に今月は眉レッスンが¥4000のところ¥2000でお受けできますのでこの機会にぜひ普段メイクを見直してみませんか?

誰でも必ず美人になります!!

お待ちしております 😀

BeautyBAR新宿 Hair&Make-up/Skin care list オオギシ

BeautyBAR 新宿
アインズ&トルぺ新宿東口店2F
Tel:03-6457-7836

HP⇒BeautyBAR

Instaglam⇒https://ainz.beautybar

Facebook⇒https://www.facebook.com/Beautybar-1459113704413498/

アクアティコシリーズとエルデュールは東京ではBeautyBAR新宿店でのみの取り扱いとなっております。
BeautyBARの姉妹WEBショップ[BeautyLovers]でご購入頂けます。

acuatico /アクアティコ 商品パッケージ

 

 

 

大岸 美沙希

ビューティバル渋谷店

メイクアップアーティストとして、多数の現場や舞台ヘアメイクに携わった経験から、特にパーソナルメイクティーチングを得意としています。また、エステティシャンとしても10年以上の経験があり、沢山の方を美しくするお手伝いをさせて頂いています。 お客様に寄り添ってお悩みを一緒に解決していきましょう!